在宅介護に関するお得な情報を発信します

menu

在宅介護のノウハウ帳【ホームケア】

介護で使える!ソフト食の作り方とは?

加齢に伴い嚥下機能が低下してくると、通常食を食べるのが難しくなってくるため、ソフト食の作り方について知っておくと良いでしょう。

ソフト食とは、ミキサーなどでペースト状にした食材をゲル化剤で固めた柔らかい介護食ですが、歯を使わなくても柔らかくできれば必ずしもミキサーを使う必要はないそうです。

食事を作るのに必要な食材をゲル化剤と一緒にメニューごとにミキサーで撹拌して、具材を火にかけて熱が通ったら型に入れて固めるのです。

「とろみ」や「つなぎ」を使う事によって、口の中でバラバラになりにくいですから飲み込みやすいでしょう。

型を使って元々の食材の形に固めるため、見た目が通常食と似ているという特徴がありますし、他の介護食と比べたら食欲がなくなりにくいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728