在宅介護に関するお得な情報を発信します

menu

在宅介護のノウハウ帳【ホームケア】

CATEGORY在宅介護

訪問介護のメリットとデメリットとは?

訪問介護をする上で、メリットとデメリットがありますのでご紹介いたします。 訪問介護は、慣れ親しんだ自宅にて可能な限り自立した生活を送りたいと考えている利用者に対して介助を行う仕事ですが、全て介助するのではなく、利用者ができる事は自分で…

利用できる在宅介護サービスとは?

要介護度によって使えるサービスが異なると言われていますので、利用できる介護サービスについてご紹介いたします。 在宅で受けられる介護サービスは、自宅に訪問してもらうサービスと施設に通う通所サービスがあり、利用者さんの生活や身体状況などに…

歯磨き介助で誤嚥性肺炎を予防しよう!

高齢者が誤嚥性肺炎にならないためには、日頃からの口腔ケアが重要ですから、今回は食後の歯磨き介助の方法について知っておきましょう。 高齢者の歯磨きでは、水や歯ブラシや液体歯磨きだけでなく、スポンジブラシやガーゼも準備しておき、高齢者も介…

食事介助のマルとバツについて知っておこう

在宅介護では、高齢者に対して食事介助を行う機会があると思いますが、正しい食事介助の方法について理解しておく事が大切ですよ。 食事介助の基本では、食事の初めにお茶などの飲み物や汁物で高齢者の口の中を湿らせておく事が大切であり、そうする事…

車椅子から自動車へ移乗する介助方法

車椅子の方が自動車に乗降するなら、スムーズに移乗する方法がありますのでご紹介いたします。 車の乗車では助手席側から乗り、車の座席に対して平行になるように車椅子を横付けすることによって、安全な腰回しができるのだそうです。 右手で車…

片麻痺の方への食事介助の注意点とは

片麻痺の方に対して食事介助を行うなら、介助者は注意すべきことがありますのでご紹介いたします。 まずは、椅子に座った状態の片麻痺の人の姿勢を整えて、食べやすい状態を作る必要があり、足はしっかりと床に付けてもらい、少し前屈みになってもらい…

白身魚と野菜のあんかけを作ろう

白身魚を使った美味しい介護食は、まずは長芋を茹でて柔らかくしておき、銀タラは骨と皮を包丁で取り除いて魚の身を切っておきます。 食べやすい身を作るために、切った魚の身と塩と卵白と長芋を容器に入れて、ハンディミキサーで滑らかな状態を作り、…

柔らかくて美味しいハンバーグを作ってみよう

美味しいハンバーグは老若男女問わず人気のメニューですが、今回は柔らかいハンバーグの作り方をご紹介いたしますので、ぜひ作ってみてはいかがでしょう。 下準備として玉ねぎ50gをみじん切りして電子レンジで加熱しておき、里芋を柔らかくなるまで…

エビチリの介護食を作ってみよう

介護食でも美味しいエビチリを作る方法がありますので、ご紹介いたします。 食材はむきエビ80gと干しエビ3g、ハンペン40gと絹豆腐60g、片栗粉6gを用意し、調味料はケチャップ25gと醤油2g、片栗粉5gと鶏ガラスープの粉末2g、長ネ…

柔らかくて美味しいタンドリーチキンを作ろう

今回は、タンドリーチキンの介護食の作り方についてご紹介いたします。 二人分を作るなら、チキンの材料として鶏ひき肉80gと酒20g、茹でた里芋15gと塩0,8g、片栗粉を4gほど用意して、ソースではカレー粉とヨーグルト、醤油と塩、おろし…

さらに記事を表示する

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930