食器の工夫

多少苦労することになっても、自分の力で食事が出来る方には、出来るだけ自分で食べてもらえるようにする事が大切です。
自分の力で食事をしてもらうことでリハビリにも繋がりますし、自分のペースで食事が出来ることが自身にもなり、更により美味しく食べてもらうことにもなります。

しかし、介護を必要とする多くの高齢者は腕の力が落ちてしまっていたり、稼働域が狭くなってしまっていて普通の食器で食事をするのは難しいです。
そこで大切なのは、その人にあった食器の工夫をしてあげることと言えるでしょう。

例えば箸が使いにくそうならスプーンやフォークを使ってもらうようにします。
スプーンは大きい物ではなく、アイスクリームスプーンのような先の形が平らになっている物が使いやすいです。
また食器は、内側に角が付いていてスプーンで簡単に食べ物をすくえる形の物を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事