訪問入浴介護サービスとは

訪問入浴介護サービスとは、自宅に浴槽を持ち込んでご利用者様の入浴をサポートしてくれるサービスのことを指します。
良くホームヘルパーが自宅にある浴槽で入浴介護をするサービスとはまた少し違うので注意してください。

訪問入浴介護は要介護1〜5と認定された方、そして医師に入浴に関して問題ないと判断されている方が利用できるサービスです。
大きな浴槽を大きな車で搬入するため、サービスが提供される前に家庭訪問や周辺の道路の確認、どのように搬入していくかの確認が入念に行なわれます。

実際に入浴介助が行なわれるとなった時は、基本的に看護師1名、介護職員2名の3名体制で訪問します。
入浴前、入浴中、入浴後には看護師による健康管理が行なわれていますから、安心して任せられるのが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事