在宅介護の基本

高齢化の進む現代、高齢者介護は決して他人事ではありません。
家族の誰かが介護が必要な状態になったら自宅で面倒をみたい、自分自身が介護が必要になっても自宅で生活をしたい、また、それぞれの事情でどうしても自宅で介護しなければならないこともあるでしょう。

介護を行なう上で大切なことは、介護をする側が心身共に元気であることです。
その為には1人で全てを背負うのではなく、家族一丸となって介護を行なうこと、更には近隣住民の方の協力を得ること、そして公共サービスを積極的に活用することも重要なことと言えます。

また、被介護者と共に、出来ることを維持する、そして増やしていくことを基本方針としていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事