嚥下食の形態が判断できる?

高齢者の食事は、誤嚥を防ぐためにも食べやすいように工夫する必要がありますが、嚥下食の形態を判断することができますのでご紹介いたします。

スクリーニングテストで嚥下の機能について見極めることができたなら、使用している入れ歯の状態と合わせて考えることにより、どのような嚥下食が適切かを判断することができるのです。

食物形態選定チャートを活用して、水飲みテストをクリアしていたり入れ歯が適合している場合には普段の常食や柔らかい菜食を食べることができますが、水飲みテストをクリアしていても入れ歯が合っていないという人はソフト食やきざみ食になります。

水飲みテストで嚥下が複数回になってしまった人は、ゼラチンを活用した嚥下食になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事