在宅介護には身体介助と生活支援がある

訪問介護では、体に触らず家事を行う生活援助と、食事や排泄介助などの身体介護のサービスを行いますが、サービスを利用する上で理解しておくべきルールがありますのでご紹介いたします。

家事支援では、同居している家族が居る場合にはご利用できなかったり、生活援助で訪問介護を利用している時に身体介助を行うことができません。

介護が必要な本人のことしかできないため、同居人の食事を作ることはできませんし、掃除も利用者様が使うスペースしかできませんので注意しましょう。

生活援助では、調理や掃除、洗濯などの家事はできますが、できないことも細かく決められていますので、一緒に暮らしているペットの世話や大掛かりな掃除、庭の草むしりを行うことはできませんので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事